会長あいさつ

ごあいさつ

一般社団法人山梨県診療放射線技師会ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。本診療放射線技師会は、県内の医療施設に勤務する診療放射線技師により組織された職能団体です。放射線医学に関する専門知識の向上と診療技術の研鑽を重ねることにより、県民の健康保持および増進に寄与することを目的に昭和24年に設立されました。

 診療放射線技師は、X線やガンマ線などの放射線および磁気を活用して病気を画像にする仕事、また、高エネルギーのX線や重粒子線など用いてがんの治療を行う仕事を医療機関で行う医療専門技術職です。最近では、より患者様に負担の少ない医療(低侵襲性医療)が推進され、手術をせずに、放射線を利用して行う血管内治療がたいへん注目されています。以上のことから、病気をできるだけ早期に発見し、より低侵襲な医療を提供するという現代医療において、欠くことのできない重要な役割を担っているといえます。

 放射線といいますと、一般的に核兵器や原子力発電事故などの負のイメージが強いかと思います。しかし、医療においては、より安心で安全な診療を県民の皆様に提供することを第一義に日々邁進しているところです。

 当会では、県民の皆様に放射線について正しく理解してことを目的に講演会やセミナーを開催し、中高生対象の「診療放射線技師体験教室」なども開催しています。

 このホームページを介して、当会の活動や放射線に関する情報を提供して参りたいと考えています。また、診療放射技師の職業を少しでもご理解いただけたら幸いです。

一般社団法人 山梨県診療放射線技師会
会長 宮﨑旨俊

PAGE TOP